スノーハイキング

Snow Hiking

白銀の上高地を歩いてみよう


冬、もう一つの上高地の姿がそこにはあります。

11月15日の閉山式が終わると、上高地には長い冬が訪れます。

ゲートが閉鎖され、車の往来がなくなり、訪れる人がいない隔絶された世界。

そのゲートを通り、釜トンネルを歩いていった者だけが見られる世界。

そんな世界を私たちやまたみ所属の上高地認定ガイドがご案内します。















ゲートの先へ

冬季閉鎖となっている釜トンネル入り口のゲート脇を通って入ります。すぐに「最大の難所」釜トンネルに入ります。全長約1.3km、最大勾配11%の釜トンネルを頑張って登りきり、続いて約0.6kmの上高地トンネルを抜けると、明るいシラカバ林が広がる平に出ます。

スノーシュー初体験の方は、このあたりでまずは履いてみて足慣らし。そして緩やかに下っていくと目の前に大正池、そして穂高連峰が飛び込んできます。この瞬間は何回見ても感動します。


大正池から田代湿原へ

人のいない、静寂に包まれた大正池のほとりに降り立ちます。目の前にそびえ立つ焼岳、そして穂高連峰。白銀に峰々の神々しさ、圧倒的な迫力に言葉を失います。この景色に出会えた瞬間、釜トンネルの苦労はすべて忘れてしまうことでしょう。

森の中を通って田代湿原、田代池まで足をのばします。池、森、湿原、それぞれに違う景色に魅せられます。また天候、時間帯によっても表情が変わるため、その日その時の景色との出会いが楽しめます。雪で覆われた世界は、グリーンシーズンではまったく想像ができないような光景が待っています。
















上高地認定ガイドがご案内

ツアーはやまたみ所属の上高地認定ガイドがご案内します。大正池エコツアーデスクの担当ガイドでもあるので、四季折々の上高地の様子や移り変わりなどもご紹介します。


無理のないペースで散策を楽しみます

スノーシュー、ストックはレンタルできますので、持っていなくても大丈夫。また初めての方でも、履き方、歩き方を練習して、ゆっくり皆さんのペースで散策するので安心です。


Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image
















参加方法

岡田旅館(平湯温泉)、うちのペンション山荘錫杖(奥飛騨温泉中尾)、奥飛騨の宿 故郷(奥飛騨・福地温泉)の4つのお宿の宿泊プランとしてご提供しています。

詳しくは各宿にお問い合わせください。


開催日

1月13日(月)、24日(金)、29日(水)

2月4日(火)、13日(木)、23日(日)

3月3日(火)、13日(金)、21日(土)、22日(日)

4月1日(水)、8日(水)


行程

9:10 釜トンネル入り口 集合

(歩いて釜トンネル、上高地トンネルを登り、大正池へ向かいます)

10:30 大正池 到着

11:30 田代湿原・田代池 到着

12:00 大正池(昼食)

12:30 大正池 出発

14:00 中の湯バス停 到着

※モデルケースです。当日の天候、体力に応じて変更します。
















服装

防寒着(スキーウェアなど)、下着(速乾性のある化繊の物)、靴下(厚手のもの)、冬用グローブ(防水性で厚手のもの)、帽子(ニット帽など耳を覆うもの)

装備・持ち物

防寒登山靴またはスノーブーツ(防水・保温性のあるもの)、ロングスパッツ、ヘッドライト、サングラスまたはゴーグル、昼食、温かい飲み物(保温ボトルに入れて)、行動食、日焼け止め、ザック(これらが入るもの)、カイロ(あると便利)、 保険証のコピー


手続き

  • ツアー参加時の服装・装備などについては、必要に応じて前日のうちに宿の方にアドバイスを受けてください。
  • 参加者は宿印の押されたツアーチケットを当日お持ちください(グループで1枚)
  • あらかじめカウンセリングシート、登山計画書に参加者全員の必要事項をご記入ください。登山計画書は記入後コピーしていただき、2部お持ちください。
















参加する上での注意事項とお願い

  • 天候の急変や万が一の事故に陥った場合でも安全に下山できるよう、服装、靴などは十分な装備でご参加ください。
  • 気象条件によっては中止になる場合があります。あらかじめ悪天が予想される場合は、開催の前日の午後6時までにお申し込みのあった各宿に担当ガイドが催行中止のご連絡をいたします。
  • 冬期の上高地は気象条件が変わりやすく、雪崩や落石、地吹雪が発生するなどの危険があります。入山の際は自己責任を原則とし、冬山登山であることに留意してください。
  • 行程はモデルケースです。当日の天候、参加者の体力に応じて変更する場合があります。
  • 安全を最優先とします。安全確保のため、団体行動にご協力願います。次のような場合は、ガイドの判断によりイベント中であってもそれ以上の参加をお断りする場合がございます。
  1. 必要な持ち物を持参されなかった場合や、お持ちになった装備に不備がある場合
  2. 病気、怪我、その他の理由で行動に耐えられないと判断した場合
  3. 団体と極端にペースが合わない場合
  4. 自己本位な行動を取られる場合や、ガイドの指示を聞き入れていただけない場合
  • 身体に障害をお持ちの方、持病をお持ちの方、病後や術後の方は、必ず医師に相談のうえ指示に従ってご参加ください。持病や治療薬など安全管理上ガイドが把握しておいた方がよい健康上の事柄についてはお申し込み用紙に記載していただいた上、イベント開始前までにガイドにその旨をお伝えください。

(例)

  1. 高血圧症、心臓病、糖尿病、呼吸器疾患(喘息、慢性の肺疾患)などの持病(現在治療していないものも含めて)
  2. 狭心症・心筋梗塞、脳血管障害(脳梗塞、頭蓋内出血)などの発作歴
  3. 心臓ペースメーカー、人工関節などの治療歴
  4. ニトログリセリン、気管支拡張吸入薬、エピペンなど発作時に使う薬の携帯や、抗凝固剤(血液サラサラの薬)の内服について
  • 飲酒をされている方、二日酔いの方、妊娠されている方はご参加いただけません。
  • 上高地は国の特別天然記念物に認定され、また国立公園の特別保護地区に指定されています。ルールを守り、自然保護にご協力ください。また冬期トイレは限られており、トイレ以外での用便は禁止ですのでご注意ください。ゴミはすべてお持ち帰りください。詳しくは上高地公式サイトの冬期入山ルールをご確認ください。


自己責任と免責事項

当イベントは自然の中での活動であり、予測不能な危険を伴うこと、ケガや病気、事故などのリスク(危険)を伴います。ガイドは、参加者の皆さまの安全を確保するために危険を予測、判断し行動します。しかし、自然の中に潜むすべてのリスクに対して安全の確保をお約束できるものではありません。

万一、負傷、事故、疾病などを被られた場合でも、車道が冬期閉鎖されていて緊急車両が入れないため、迅速な救出や医療サービスを受けることはできません。また、リスクを回避するためには参加者ご自身の自己判断による安全意識と行動が必要不可欠となります。

これらのことをご理解された上で参加の申し込みをいただくとともに、参加申込書の同意欄に自筆で署名をお願いいたします。これをもって同意の意思確認とさせていただきますので、予めご了承ください。

当日、万一の事故に備えて参加者全員の方に当協会指定の国内旅行傷害保険(保険料は参加費に含む)にご加入いただきます。この保険の補償範囲を超える損害、傷害につきましては責任を負いかねますことを予めご了承ください。


保険の内容

引受幹事会社:株式会社ほけんのフルマークス

保険料:参加費に含む

保険期間:1泊2日

補償内容:

  • 死亡・後遺障害:230万円
  • 入院保険金日額(180日まで):2,000円
  • 通院保険金日額(90日まで):1,000円
  • 個人賠償責任:1億円
  • 携行品:なし
  • 救援者費用:100万円

(2019年7月4日現在の補償内容)


個人情報の取り扱い

提出いただいた個人情報については、以下の利用目的以外の目的では利用いたしません。また、利用目的に照らして不要となった個人情報については、速やかに且つ適正に削除・廃棄いたします。

  • お客様との連絡のため
  • 保険の手続きのため
  • 緊急時の連絡のため